ヒスチジン

すっぽんは秋口がおいしい?

滋養強壮効果やコラーゲンによる美容効果で知られるすっぽんは、爬虫類の亀に似た動物で、河川や沼や湖などに生息しています。ここではそれが美味しいと言われる旬について紹介します。

今ではほとんどの食べ物が一年中美味しくいただけるようになっています。
わたしたちが口にするすっぽん料理に使用されているものも、そのほとんどが養殖もので、季節に関係なく1年中美味しく食べることができます。
食べ方としては鍋が有名なので、寒い冬の時期に冬の旬な野菜と一緒に食べることもおすすめで、夏の暑い時期でも夏バテ解消のために鍋をつつくのも良いでしょう。

したがって養殖ものに限るなら、自分が食べたい時に季節を選ばず食べてもらえればいいでしょう。
しかし天然ものの場合は養殖と違い、すっぽんにも旬の季節があります。
イメージ的に食欲の秋と呼ばれる季節がその旬だと思っている人も多いでしょうが、その通りでその旬は9月~10月と言われています。

すっぱんという動物は他の亀とは異なり、水温が15度以下になると水中に潜って冬眠してしまいます。
何と水温が15度以下になる10月頃から4月くらいの半年間も冬眠します。
他の冬眠をする動物と同じように、冬眠する直前には身体の中にしっかりと栄養を蓄えているため、冬眠の前が脂が最ものっていて、その旬の季節ということになります。

この時期に天然ものを取り扱っている料亭や専門店などで、すっぽん料理をいただくことで、格別の味を堪能することができるでしょう。
そこにはコラーゲンの他にも、人間の体内では合成できない必須アミノ酸や、ビタミンB群やカルシウムや鉄分や葉酸など、美容や健康にとても良い成分が豊富に含まれていて、旬な季節に食べると、最も高い効果を得られることになります。

このように、養殖ものであれば1年中いつでも美味しく食べられますが、最も美味しくすっぽんを食べたいなら天然ものがおすすめで、その旬は冬眠に入る直前の9月~10月だと言われています。

すっぽんサプリメントなら一年中飲むことができます。