ヒスチジン

子供が摂取しても大丈夫?

すっぽんは高級食材として知られていて、20歳を過ぎてもまだ口にしたことがない人も少なくはないようですが、昔から滋養強壮効果が高いことで知られるそれを子供が食べたらどうなるのでしょうか。

結論から言えば、子供が食べても問題はありません。
ご飯が食べられるようになる歳から高齢者まで、誰でも安心して食べることができます。
昔からそれを食べると精力がつきすぎて鼻血が出ると言われているので、子供には刺激が強すぎると思い、わざと与えていない人も多いようですが、そこには子供の成長に必要な栄養素もたくさん含まれているので、大人がすっぽん料理を食べる時には、子供にも食べさせてあげるといいでしょう。

その半分以上はたんぱく質で構成されていて、そこには約20種類ものアミノ酸が含まれていて、人間が体内で合成することができない必須アミノ酸もたくさん含まれています。
人間は常にアミノ酸を体内で生成することで生命を維持していますが、体内では生成できないアミノ酸は食事などで外部から摂らなくてはいけません。
すっぽんには子供にとってはきちんと成長するために必要な成分もたくさん含まれていて、さらにアミノ酸を摂ることで、新陳代謝も高まり、成長ホルモンの分泌も活発になると言われています。

子供に悪い影響としては、ニキビができたり肌荒れを起こすこともあると言われていますが、過剰摂取を続けなければ気になる問題ではありません。
ただしそこに含まれるリノール酸という脂肪酸は、コレステロール値を下げる成分として知られていますが、摂り過ぎることで反対にコレステロール値を上げる作用もあるので、もともとコレステロール値が高い肥満などの子供に与えることはしない方がいいでしょう。
あくまでも子供にはすっぽんを毎日与えるのではなく、与えても問題ない程度に考えた方がいいでしょう

このように、すっぽんはスタミナ食ですので小さな子供からお年寄りまで、誰でも食べて良い食べ物です。そこには豊富な栄養素が含まれているので、子供の成長に役立つ成分もたくさん配合されています。
ただし高級食材であるすっぽんは、無理に子供に食べさせる必要はありません。