ヒスチジン

ヒスチジンの働きとは

すっぽんと聞くと、男性には滋養強壮効果を、女性には美容効果が得られるものと想像する人が多いでしょうが、すっぽんにはアミノ酸が豊富に含まれることでも知られています。
ここではアミノ酸の1つヒスチジンの働きについて紹介します。

すっぽんは高級食材なので、自分にはとても手が出ないという人が多いでしょうが、今では食材としてすっぽんを食べなくても、その有効成分が詰まった安価なサプリメントがたくさん販売されているので、滋養強壮や美容や健康維持のためにそれを毎日摂取している人も増えています。

アミノ酸は人間の筋肉や臓器などの多くの器官に影響する成分で、私たちの生命活動を維持していくにはなくてはならない成分です。
美容や健康を維持するためにも必要な成分で、すっぽんにはたくさんの種類のアミノ暖が含まれています。
その中でも準必須アミノ酸の1つがヒスチジンhttp://www.horimasa.jp/histidine.htmlと呼ばれる成分で、人間の体内では合成できないのが必須アミン酸ですが、ヒスチジンは、大人になれば体内で合成できるアミノ酸ですが、幼児の段階ではそれができないことから準アミノ酸と呼ばれています。

ヒスチジンはまぐろやかつおやいわしなどの魚類に多く含まれる成分ですが、これが幼児期に不足すると神経異常や皮膚疾患を発症する可能性もあるので、小さい子供にもきちんと魚類を与えてあげましょう。
また大人になって体内で生成できるとは言っても、それが不足すると幼児同様に神経に異常を及ぼすこともあり、この成分は血液の赤血球の形成に必要であるため、不足すると貧血になる可能性も高くなります。
女性に多い貧血を甘くみていると命に関わる大変なことになる場合もあるので、積極的にサプリメントや魚類などの食べ物からヒスチジンを摂り入れるよう心掛けましょう。

このように、すっぽんにはたくさんのアミノ酸が含まれていますが、すっぽんに含まれる準必須アミノ酸の1つであるヒスチジンは、小さな子供にも大人にも必要な成分で、それが不足すれば神経系の疾患や皮膚疾患や貧血などを引き起こすこともあります。