ヒスチジン

すっぽんは日本でいつから食されてきた?

高級食材として知られるすっぽんの歴史は、中国では今から3000年も前から食されていたという記録も確認されており、高い健康効果もあることから漢方薬の原料にもなっていました。
ここでは日本での食用としてのその歴史を探っていきます。

すっぽんが日本で食べられていたというのは、縄文時代中期の遺跡の貝塚の中からそれが発見されたことから、紀元前14世紀から13世紀の間からだと言われています。
その後は西暦697年の飛鳥時代に、文武天皇に献上されたという記録が文献に残されています。

すっぽんが盛んに食べられるようになったのは江戸時代からだとされていて、当時は滋養強壮効果のある食べ物として、現在のようにすっぽん料理専門店もできて、多くの人たちに食べられていました。
しかし江戸時代は天然ものしかなく、それが食べられるようになるまで成長するには4年の歳月がかかるということで、どんどんその数は減り、江戸末期には希少価値がではじめ、一般庶民が普通に食べられるモノではなくなりました。

明治時代に入ると食用として数を確保するために養殖されるようになり、徐々にその数は増え今に至っています。
近年では滋養強壮効果以外にも様々な健康効果や美容効果があることがいろいろな研究によって判明し、日本以外でも世界中でグルメ食材をして食べられています。
意外なことにフランス料理にも使用されていて、特にそれが入れられたコンソメスープは有名です。

高い健康効果と美容効果が認められるすっぽんですが、高級食材であるため一般の人たちが頻繁にそれを食べることはできないことから、今ではそのエキスや成分を手軽に摂取できるようなサプリメントhttp://pocketbbs.jp/highsupple.htmlが日本では数多く販売されています。

このように、日本ですっぽんがはじめて食べられたのは縄文時代だと言われていて、それが一般的に食べられるようになったのは江戸時代です。
明治時代には養殖がはじまり、現在ではそのエキスや成分がいれられたサプリメントが市販されています。