メインイメージ

すっぽんは関節痛にも効果的?

辛い関節痛にすっぽんが効く?

膝などに起こる辛い関節痛は、年齢とともに悩む人が増える病気です。
関節痛を抱えてしまうと、歩くと痛むため長距離の歩行が難しくなったりすることもあるようです。

滋養強壮や美肌効果があることで知られているすっぽんは、実はそんな関節痛にも効果があります。
今回は、すっぽんの関節痛への効果について注目してみましょう。

関節痛が起こる原因

関節痛の原因となる病気には、自己免疫疾患が原因で起こる「リウマチ」や、加齢により肩のバランスがくずれて起こる「四十肩、五十肩」などさまざまな種類があります。
その中でも、最も多いと言われているのが「変形性関節症」です。

詳細を読む

「変形性関節症」は、骨と骨の間にある軟骨がすり減って起こる病気です。
関節では、軟骨が骨と骨の間でクッションの役割をしています。しかし、軟骨の弾力や柔軟性は、年齢を重ねるごとに減少していきます。
弾力や柔軟性を失った軟骨は、関節の摩擦により徐々にすり減り、関節周囲の炎症や変形の原因になります。

この変形性関節症は、荷重がかかりやすい膝関節に起こりやすく、そのほか股関節や肘関節の痛みに悩む人も多いようです。

関節痛にもおすすめ!すっぽんの豊富な栄養素

詳細を読む

現在、日本全国で120万人以上の人が関節痛のために病院にかかっていると言われています。
40代~50代で痛みを感じ始める人が多く、年齢とともにその罹患率は高くなります。

平均寿命が昔よりもぐんと高くなった現代では、退職後に趣味やスポーツを始める人も多いようです。
シニアライフも旅行などの趣味やスポーツをいきいきと楽しめるよう、関節の痛みはできるだけ予防・軽減していきたいですよね。

すっぽんには、そんな関節痛の予防・軽減をサポートする栄養素が含まれています。では、すっぽんに含まれる関節に良い成分とはどんなものか、その種類と効果を詳しく見てみましょう。

コラーゲン

すっぽんに含まれる成分の中で、関節痛の予防・改善をサポートする成分として挙げられるのが、「コラーゲン」です。

コラーゲンと関節痛

詳細を読む

骨と骨の間でクッションのような働きをする軟骨は、スムーズな関節の動きを支える大切なものです。

軟骨は、軟骨細胞のほか、コラーゲンやプロテオグリカンを主成分としています。
このうち、軟骨の弾力を担う重要な役割をしている成分の一つが「コラーゲン」です。

コラーゲンは、軟骨だけでなく肌や髪、内臓など体のさまざまなところに存在する成分で、組織の潤いや弾力を支える働きをしています。
肌の弾力が年齢とともに減少するのは、年齢とともにコラーゲンを生成する量が減っていくからです。
これは、肌だけでなく軟骨においても同じことがいえます。

軟骨の弾力や柔軟性を担うコラーゲンは、年齢とともに体内で作られる量が減っていきます。
コラーゲンの生成が減ると、軟骨に存在するコラーゲンは新しいものとうまく置き換えられなくなります。
すると、徐々に軟骨の弾力が失われていき、すり減ったり変形しやすくなってしまうのです。

コラーゲン補給は関節痛の予防・改善に効果的?

詳細を読む

年齢を重ねることによって減少していく軟骨の弾力を保つためには、コラーゲンを補給すると効果的だと言われています。

コラーゲンを摂取すると、体内でアミノ酸やコラーゲンペプチドにまで分解してから体内に吸収します。そのあと、新たに体のさまざまな部位を構成するために使われるため、食べたコラーゲンがそのままコラーゲンになるわけではありません。
そのため、以前はほかのたんぱく質からアミノ酸を摂るのと変わらず、わざわざコラーゲンを食べる意味はないと言われていました。

しかし、近年の研究で、コラーゲンペプチドはコラーゲンを作る「線維芽細胞」を刺激し、コラーゲンの生成を促すということがわかってきました。
このことから、コラーゲンを補給することで、コラーゲンの生成を促し、関節にある軟骨の弾力をサポートすることができるのだと考えられています。

ドイツでは実際に、関節痛に悩む人の治療にコラーゲンが使われているといいます。

すっぽんはコラーゲンの宝庫!

詳細を読む

コラーゲンは、関節痛に効果的な成分です。
そんなコラーゲンをたっぷりと含んだ食材、それがすっぽんです。

すっぽんの甲羅の周りは、柔らかい皮膚で覆われています。これはエンペラと呼ばれる部分で、コラーゲンを多く含む部分として知られています。
すっぽんはこのエンペラをはじめ、体のさまざまなところにコラーゲンを豊富に含んでいます。

さらに、すっぽんにはコラーゲンの生成を助ける「亜鉛」や「アミノ酸」などの成分も含まれています。

亜鉛

すっぽんに含まれる「亜鉛」は、コラーゲンの生成を助ける成分です。
亜鉛は、たんぱく質の合成に欠かせない成分で、コラーゲンの生成にも深く関わっています。
この亜鉛も、すっぽんに豊富に含まれている成分です。

詳細を読む

すっぽんを摂ることで、コラーゲンだけでなくコラーゲンの生成を助ける亜鉛も一緒に摂ることができます。
そのため、より効率的に軟骨の弾力にアプローチすることができるのです。

アミノ酸

すっぽんに含まれる「アミノ酸」は、コラーゲンの生成を助ける成分の一つです。さらに、体重を支えて関節の負担を軽減する「筋肉」を増強する働きも持っています。

コラーゲンの生成を助ける働き

詳細を読む

アミノ酸は、コラーゲンを構成する成分です。
その中でも、コラーゲンを構成するアミノ酸のうち3分の1を占めている「グリシン」や、10%を占める「プロリン」は、コラーゲンを作るために特に欠かせないものです。
こういったコラーゲンの材料になる成分を摂取することで、コラーゲンの生成をサポートすることができます。

すっぽんには、「グリシン」や「プロリン」をはじめ、さまざまなアミノ酸が豊富に含まれています。
すっぽんを摂ることで、コラーゲンの材料になるアミノ酸を摂取し、コラーゲンの生成を促すことができるのです。

筋肉を増強する働き

詳細を読む

関節痛の改善には、軟骨の弾力を保つことに加えて、関節周辺の筋肉を鍛えることも大切です。

関節の軟骨がすり減り変形する「変形性関節症」は、男性より女性の方が罹患率が高いという特徴があります。
この原因の一つとして挙げられるのが、女性は筋肉量が少ないということです。

筋肉量が少なく、さらに運動不足や加齢により筋肉が弱くなると、体重をうまく支えることができず、関節により強く荷重がかかってしまいます。
これが続くと、荷重がかかっている部分の関節の軟骨がすり減り、関節痛につながります。
これを防ぐためには、適度な運動で筋肉を鍛え、体重を支えることが必要です。

すっぽんには、筋肉の増強をサポートするアミノ酸が含まれています。
すっぽんに含まれるバリン・ロイシン・イソロイシンというアミノ酸は、筋肉の修復や増強に効果があるとされている成分です。この3つの成分はまとめてBCAAと呼ばれ、スポーツ選手やアスリートにも愛用されています。
中でも、ロイシンという成分は特に筋肉を修復・強化する働きが強いと言われています。

関節痛を改善するためには、こういったアミノ酸を摂取して適度な運動で筋肉に刺激を与えることで、筋肉の増強を目指すことも大切です。

関節痛の中でも悩んでいる人が多い「膝関節」の痛みの予防には、おしりの筋肉「大臀筋」や膝をサポートする内腿の筋肉「内転筋」、膝周りを支える「大腿四頭筋」などの筋肉を鍛えるといいと言われています。
膝関節の痛みを予防するためには、日常生活の中でBCAAを摂りながら、こういった筋肉を鍛えるための適度な運動を心がけるといいでしょう。

コンドロイチン

詳細を読む

すっぽんに含まれる関節軟骨に良い影響を与える成分として欠かせないのが、コンドロイチンです。

関節にある軟骨は、軟骨細胞とコラーゲン、そしてコンドロイチンなどのプロテオグリカンから構成されています。

プロテオグリカンは、近年美肌成分としても注目されている成分です。
高い保水性をもち、肌や軟骨の弾力や柔軟性を維持するクッションのような役割を持っています。

コンドロイチンは、このプロテオグリカンに含まれている成分です。
非常に保水性が高く、コラーゲンと同じく軟骨の弾力や柔軟性を保ちます。
また、血管がない軟骨の中で栄養や水分を運び、軟骨の新陳代謝を促す重要な役割を持っています。

コンドロイチンも、コラーゲンと同じように年齢とともに減少する成分です。
そのため、関節軟骨の弾力を保つためには、コラーゲンとともにコンドロイチンも積極的に摂るといいでしょう。

すっぽんには、コラーゲンとコンドロイチンの両方が含まれています。毎日すっぽんを摂るのは難しいものですが、すっぽんの栄養素をぎゅっと凝縮したすっぽんサプリなら、毎日気軽に飲むことができるのでおすすめです。

すっぽんの栄養と適度な運動でいつまでも健やかな関節を目指そう

年齢を重ねると気になり始める膝や肘の関節痛。そんな関節痛を予防し、ケアするためにはすっぽんがおすすめです。
すっぽんには、関節軟骨の弾力を支える「コラーゲン」や「プロテオグリカン」が含まれています。

さらに、コラーゲンの生成をサポートする「アミノ酸」や「亜鉛」、筋肉の増強をサポートする「BCAA」など、関節痛の予防・対策をサポートするおすすめの成分も豊富に含まれています。
すっぽんサプリは、こういった栄養を気軽に摂ることができるおすすめの健康食品です。

関節痛の予防・対策をサポートをする成分と、適度な運動を毎日にしっかりと取り入れて、いきいき輝くシニアライフを過ごしましょう。

この記事を読んだ方におすすめ