メインイメージ

すっぽんとプラセンタどっちのサプリメントがおすすめ?

すっぽんとプラセンタのサプリメントはどっちを飲めばいい?

滋養強壮や美肌に効果的と言われるすっぽん。そして、美肌やホルモンバランスのケアにおすすめと言われるプラセンタ。どちらも美肌に良いと言われているから、「どっちにしようか迷う!」という人も多いようです。
そこで今回は、すっぽんとプラセンタの効果・効能を比較して、それぞれがどんな人に向いているか検証してみましょう。

そもそもすっぽんとプラセンタってどんなもの?

そもそもすっぽんとプラセンタはどんなものなのでしょうか。すっぽんとプラセンタの特徴や効果を見てみましょう。

すっぽんとは

すっぽんは、スッポン科に属する亀の一種です。一般的な亀の甲羅は硬いのですが、すっぽんは硬い甲羅の周りに柔らかい皮膚をまとっています。この部分は、エンペラと呼ばれ、コラーゲンを豊富に含んでいることから、甲羅の部分も好んで鍋に入れられます。

豊富なコラーゲン

詳細を読む

すっぽんは、古くから滋養強壮に効果的な食材として愛されてきました。また、コラーゲンなどの美容成分を豊富に含んでいることから、滋養強壮だけでなく美容への効果も注目されています。

すっぽんに含まれるコラーゲンは、分子の大きい高分子コラーゲンです。高分子コラーゲンは、アミノ酸やコラーゲンペプチドに分解されてから体内に吸収されます。この時に生まれるコラーゲンペプチドが、コラーゲンの生成を司る線維芽細胞に刺激を与えてコラーゲンの生成を促すのだと言われています。

また、コラーゲンは肌だけでなく髪にも効果的です。研究によると、コラーゲンペプチドを8週間続けて摂ることで、髪が太くなりツヤが出て、手触りが良くなったという結果が出ています。

すっぽんの栄養と期待できる効果

コラーゲンのほかにも、すっぽんにはアミノ酸を中心にビタミンやミネラルなどさまざまな栄養が含まれています。

■アミノ酸

すっぽんには、18種類のアミノ酸が含まれていて、それぞれさまざまな働きをもっています。

例えば、ダイエット効果が期待できるアミノ酸として注目したいのが、ヒスチジンやBCAAです。

ヒスチジンは、ヒスタミンを作るアミノ酸で、満腹中枢に刺激を与えて食欲を抑え、脂肪燃焼をサポートします。また、バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸から成るBCAAは、筋肉の増強をサポートし基礎代謝アップをサポートすることでダイエットを後押ししてくれます。このBCAAには、筋肉増強に加えて筋肉の疲労回復をサポートする働きもあります。

すっぽんには、BCAAのように疲労回復に効果的なアミノ酸も含まれています。例えば、すっぽんに含まれるアルギニンやグルタミン酸は、疲労物質であるアンモニアを無毒化する働きをもっています。また、グリシンは睡眠の質を高めることで疲労回復をサポートします。

そのほか、うるおい成分「天然保湿因子(NMF)」の構成に欠かせないアミノ酸「セリン」も、すっぽんに含まれるアミノ酸の一つです。天然保湿因子は、肌にうるおいを与えるだけでなく、肌のバリア機能を支える働きも持つ美肌にかかせない成分なのです。
さらに、すっぽんには睡眠に深く関わるホルモンのもとになる「トリプトファン」や、深部体温を調節してスムーズに眠りにいざなうグリシンなど、睡眠をサポートするアミノ酸も含まれています。

■ビタミンB群

アミノ酸以外にも、すっぽんにはビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群の中でも、含有量が多いのがナイアシン・ビタミンB1・B2です。この3つの成分は、体内のエネルギー代謝に深く関わるビタミンです。すっぽんに含まれる疲労回復に効果的なアミノ酸「アルギニン」や「グルタミン酸」、「BCAA」などの成分とともに、これらの成分をしっかりと摂ることで、食事から摂った栄養をスムーズにエネルギーに変えることができます。これらの栄養素の働きで、疲れにくくなり慢性的な疲労をケアすることができます。

■脂肪酸やミネラル

すっぽんには、DHA・EPAやリノール酸などの脂肪酸も多く含まれています。これらの脂肪酸は、血液中のコレステロールを調整し血液の状態を正常に保つ働きをもっています。さらに、造血作用のある鉄分や血管を拡張する働きをもつアルギニンやビタミンAなども含まれていることから、すっぽんには血流を良くする働きを期待することができます。

プラセンタとは

プラセンタとは、動物の「胎盤」を指す言葉です。その名の通り、馬や豚などの胎盤から抽出した成分を使用します。

胎盤は、動物の赤ちゃんを育てる部分なので、アミノ酸を中心にビタミンやミネラルなどさまざまな成分が豊富に含まれています。

中でも、特に注目されているのが「成長因子」です。成長因子は、細胞の増殖を促す成分です。成長因子にはいくつかの種類がありますが、そのうち美肌に効果的なのが「上皮成長因子(EGF)」や「線維芽細胞増殖因子(FGF)」です。

美肌に効果的な成長因子

プラセンタに含まれている成長因子の中でも注目したいのが、美肌に効果的な上皮成長因子と線維芽細胞増殖因子です。この2つの成長因子がどんな働きをするのか見てみましょう。

<上皮成長因子>

【特徴】
人が本来持っているたんぱく質で、肌表面の細胞を活性化して健やかな美肌に導きます。

【働き】
・ターンオーバーの促進・・・色素沈着を抑えてシミやくすみにアプローチ
・バリア機能の正常化・・・肌トラブル抑制
・新しい細胞の増殖・・・シワを予防・改善
・細胞の再生機能を正常化・・・傷の回復を助ける

<線維芽細胞増殖因子>

【特徴】
細胞の増殖を促進するたんぱく質です。23種類あり、それぞれがさまざまな働きをもっています。

【働き】
・線維芽細胞の増殖をサポート
・コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す
・怪我をした皮膚や粘膜を修復
・毛母細胞の活発化

肌のターンオーバーをサポートし、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促す働きをもつ成長因子は、美容分野で注目されていてさまざまな化粧品にも使用されています。

プラセンタの栄養と期待できる効果

プラセンタには、20種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は肌細胞や肌のうるおい成分を作るためにかかせないもので、プラセンタの美容効果は主にこのアミノ酸によるものだとも言われています。

詳細を読む

2018年現在、日本で作られているプラセンタサプリは、馬か豚の胎盤を使用したものが主流です。
両者を比較すると、豚プラセンタに比べ馬プラセンタの方がアミノ酸量が多く含まれています。ただ、豚プラセンタはアミノ酸量は馬に劣りますが人に馴染みやすいと言われているため、自分の体質に合うものを選ぶといいでしょう。
また、プラセンタには細胞膜に存在するホスファチジン酸などの脂肪酸、ビタミンB群などのビタミンやカルシウムなどのミネラル、糖質なども含まれています。

プラセンタに期待できる効果は、主に豊富なアミノ酸による美容効果です。先にご紹介した成長因子がターンオーバーやコラーゲン・エラスチンなどの成分の生成をサポートすることで、肌本来の美しさを引き出してくれます。
そのほか、プラセンタにはホルモンバランスを整えたり、疲労回復などの効果も期待できると言われています。

すっぽんとプラセンタの違いは?どんな人におすすめ?

すっぽんとプラセンタは、共にアミノ酸やビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいるという特徴があります。
反対に、すっぽんとプラセンタにはどのような違いがあるのでしょうか。また、それぞれどんな人におすすめなのでしょうか。

すっぽんとプラセンタの違い

まずは、すっぽんとプラセンタに含まれる主な成分の違いを比較してみましょう。

<すっぽんとプラセンタの主な成分>

成分名 すっぽん プラセンタ
アミノ酸 18種類 20種類
ビタミン
(ビタミン群が豊富)
ミネラル
コラーゲン
成長因子
DHA・EPA

すっぽんにはオメガ3脂肪酸であるDHA・EPAも含まれています。DHA・EPAは、血液の状態を正常に保つ働きを持っているため、血行を良くして血液をスムーズに体内に行き渡らせるサポートをしてくれます。

また、すっぽんとプラセンタに含まれる成分の違いとして注目したいのは、コラーゲンと成長因子です。

すっぽんに含まれるコラーゲンは、高分子コラーゲンなので線維芽細胞に刺激を与えてコラーゲンの生成を促す働きを持っています。これに対し、プラセンタはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を司る線維芽細胞を増やす働きを持っています。どちらも注目されている美容成分なので、美肌のためにサプリを探している人はどちらの成分をよりたくさん摂りたいかで選ぶのもいいでしょう。

すっぽんとプラセンタはそれぞれどんな人におすすめ?

すっぽんとプランセンタの違いを見てきましたが、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。

<すっぽんがおすすめなのはこんな人!>

・肌の弾力が欲しい人
・美肌になりたい人
・美髪になりたい人
・疲労回復したい人
・血流を良くしたい人
・しっかり眠りたい人

すっぽんは、アミノ酸に加えコラーゲンも豊富に含んでいるのが特徴です。コラーゲンは、肌のハリや弾力にアプローチするだけでなく髪にもその効果を発揮します。アミノ酸の美肌効果に加え、コラーゲンで肌や髪の弾力を手に入れたい人にはすっぽんがおすすめです。また、DHAやEPAなどによる血流改善や、ビタミンB群とアミノ酸による疲労回復の効果も期待できるため、血流や慢性的な疲労などが気になる人、より健康な体を目指したい人にもおすすめです。

<プラセンタがおすすめなのはこんな人!>

・美肌になりたい人
・ホルモンバランスを整えたい人
・疲労回復したい人

プラセンタは美肌効果のあるアミノ酸に加え、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成を司る線維芽細胞に働きかける成長因子を含んでいます。そのため、美肌や肌のハリ・弾力が欲しい人にもおすすめです。
また、ホルモンバランスを整える働きも持っているため、PMS(月経前症候群)に悩む人にも効果的だと言えるでしょう。
プラセンタは、時間をかけて内側から体を本来の健やかな状態へ整えていくものなので、コラーゲンよりも効果を感じるまでに時間がかかります。しかし、肌のハリや弾力に根本的な部分からアプローチしていきたい人にはおすすめです。

すっぽんとプラセンタを一緒に摂ると効果的?

すっぽんとプラセンタ、どちらのサプリにしようかと悩みますよね。そんなときは、どちらも一緒に摂るという選択肢もおすすめです。

実は、すっぽんとプラセンタは一緒に摂ると相乗効果を期待することができます。

詳細を読む

すっぽんには、コラーゲンが豊富に含まれています。分子が大きいすっぽんのコラーゲンは、体内でアミノ酸とコラーゲンペプチドに分解され、線維芽細胞に刺激を与えてコラーゲンの生成を促します。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を司る線維芽細胞は、年齢を重ねると徐々に減少していき、その機能も低下していきます。肌に線維芽細胞が少なく機能も低下している状態だと、線維芽細胞を刺激してもたくさんコラーゲンを作ることはできません。

そこで補いたいのが、プラセンタに含まれる成長因子です。プラセンタに含まれている成長因子のうち、線維芽細胞増殖因子には線維芽細胞の増殖を促し活発化させる働きがあります。プラセンタの成長因子で線維芽細胞の機能と増殖をサポートし、コラーゲンで刺激を与えアミノ酸でコラーゲンの材料を補給することで、より活発にコラーゲンを生成することができると考えられています。

すっぽんサプリ、プラセンタサプリは成分が近いため、それぞれ別々に摂ると栄養素を過剰に摂ってしまうという可能性もあります。しかし最近は、すっぽんとプラセンタを同時に摂ることができるサプリも販売されています。それぞれを適度な分量だけ詰め込んでいることに加え、両者を一度に飲めるため「すっぽんとプラセンタ両方飲みたい!」という人におすすめです。

すっぽんとプラセンタを上手に取り入れよう!

詳細を読む

すっぽんとプラセンタは、アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるという点で成分がよく似ています。コラーゲンで肌だけでなく髪にもアプローチしたいなら、すっぽんがおすすめです。これに対し、かなり時間はかかるけれど内側から細胞を元気にして肌を健やかにしていきたいならプラセンタがおすすめです。

コラーゲンとプラセンタは、一緒に摂ることで相乗効果を期待することができるため、この2つのサプリを上手に取り入れて、ハリのある美肌と健やかな体を目指していきましょう!

この記事を読んだ方におすすめ