メインイメージ

すっぽんはアミノ酸の宝庫!そのさまざまな種類と効果とは

すっぽんにはアミノ酸が豊富!

ビタミンやミネラル、コラーゲンなどさまざまな栄養を含んでいるすっぽんは、元気な体づくりをサポートしてくれる食材です。
そんなすっぽんには、アミノ酸が豊富に含まれています。

アミノ酸とは、たんぱく質を構成する成分です。

人間の体は、約6割が「水分」でできています。そして、残りの4割のうち半分を占めているのが、たんぱく質です。たんぱく質は、肌や髪、筋肉、血液、内臓など人間の体を構成するのに欠かせない成分です。
さらに、アミノ酸は体を構成するだけでなく、人間のさまざまな活動を司るホルモンやエネルギー源となる成分でもあります。

人間の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は、20種類です。そのうち9種類が必須アミノ酸と呼ばれるものです。必須アミノ酸は、体の中で生成できないため外部から取り入れる必要があります。

すっぽんは、9種類の必須アミノ酸をはじめさまざまなアミノ酸を含む、アミノ酸の宝庫です。
今回は、そんなすっぽんに含まれるアミノ酸とその働きについて注目してみましょう。

すっぽんに含まれるアミノ酸の働き

肌や髪に嬉しいアミノ酸

詳細を読む

アミノ酸は、肌や髪を構成する成分です。肌や髪の材料になるアミノ酸を摂ることで、新しい肌や髪を作るサポートをすることができます。

髪を作るたんぱく質は、ケラチンです。すっぽんには、このケラチンを構成する18種類のアミノ酸が全て含まれています。
また、髪を太く艶やかにするコラーゲンを構成するのもアミノ酸です。

すっぽんに含まれるアミノ酸の中で、美肌に欠かせない成分として挙げられるのが、「セリン」です。
セリンは、肌の角質層(表皮の一番外側)に含まれるうるおい成分「天然保湿因子(MNF)」の材料になります。天然保湿因子とは、肌のうるおいを守りバリア機能を担う大切な役割をもつ成分です。

また、セリンは天然保湿因子の材料になるだけでなく、シミの原因となるメラニンの生成を防ぐ役割を持っています。そのため、しっかりとセリンを摂ることで肌本来の透明感を引き出すことができるのです。

このほか、すっぽんに含まれるアスパラギン酸というアミノ酸も、肌にうるおいを与え、新陳代謝をサポートする働きを持っています。

血流を良くするアミノ酸

詳細を読む

血流が低下すると、肌や髪など体のさまざまな部分に、必要な栄養をうまく運ぶことができなくなってしまいます。
必要な栄養が不足すると、肌や髪を新しく作ることができません。そのため、肌や髪のダメージにつながります。

すっぽんには、血流を良くするアルギニンというアミノ酸が含まれています。
アルギニンは、体内で一酸化窒素を発生させ、この一酸化窒素が血管を拡張し血液の流れをスムーズにします。

アルギニンを摂って血流をスムーズにすることで、体のすみずみにしっかりと栄養を運ぶことができるため、健やかで美しい肌や髪に導くことができます。

睡眠をサポートするアミノ酸

詳細を読む

肌や髪を新しく生まれ変わらせるためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンが必要です。成長ホルモンは、就寝から約3時間後の深い眠りの中で活発に分泌されると言われています。
深く質の良い睡眠は、美肌や美髪を作るための大切な役割を担っているのです。

さらに、睡眠が不足すると疲れが取れず、精神的な負担も増えてしまいます。
健康な心と体を保つためには、睡眠は欠かせません。

すっぽんには、睡眠に関わるホルモン「メラトニン」の生成に関わる「トリプトファン」と、寝つきを良くする「グリシン」という2つのアミノ酸が含まれています。

トリプトファンは、メラトニンの生成に深く関わる成分です。
体内に吸収されたトリプトファンは、「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」を作ります。このトリプトファンから作られたセロトニンが、脳内の松果体というところで「メラトニン」に変換されます。

メラトニンは、体内時計を司るホルモンです。体の中心の体温「深部体温」を下げて脈拍を穏やかにすることで、体を深い睡眠へと導きます。

このメラトニンのほか、グリシンも睡眠に深く関わるアミノ酸です。
グリシンは、「深部体温」をスムーズに下げて寝つきを良くする働きを持っています。

ダイエットに効果的なアミノ酸

詳細を読む

アミノ酸の中には、ダイエットに効果的な働きをもつものがあります。
それが、すっぽんにも含まれている「ヒスチジン」です。

ヒスチジンが作り出すヒスタミンには、食欲を抑制する効果があります。
よく「ご飯をよく噛んで食べると、早く満腹を感じる」と言います。これは、噛むことによってヒスタミンが活発に分泌され、満腹中枢を刺激することで起こる現象です。満腹中枢が刺激されると、そんなに多くの量を食べていなくてもお腹がいっぱいに感じるため、食事の量が減りダイエットにつながると言われています。

さらに、ヒスチジンは交感神経を刺激して脂肪を燃焼する働きを持っているため、ダイエットの心強い味方なのです。

ただし、ヒスチジンは痒みや炎症といったアレルギー反応を起こす物質「ヒスタミン」の材料でもあるため、アレルギーを持っている人が過剰摂取すると痒みや炎症が悪化する可能性があります。
アレルギーを持っている人は、過剰摂取に注意しましょう。

ダイエットをしている時は、食欲を抑えることが難しいものです。満腹中枢を刺激して食欲を抑え、脂肪を燃焼してくれるヒスタミンを味方につけて、ダイエットを成功させましょう。

疲労を回復するアミノ酸

詳細を読む

アミノ酸の働きとして有名なのが、疲労回復効果です。

すっぽんに含まれる「グルタミン酸」は、疲労回復に効果的なアミノ酸です。

運動すると、筋肉にはアンモニアが溜まります。筋肉中にアンモニアが増えると、エネルギーをうまく作り出すことができなくなるため、疲労を感じるようになってしまいます。
グルタミン酸には、このアンモニアを無毒化して体外へ排出し疲労を回復する働きがあります。

このほか、すっぽんには「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3つのアミノ酸が含まれています。
この3つのアミノ酸は、疲労回復や筋肉の修復に効果的な成分として、まとめてBCAAと呼ばれています。

運動時には筋肉が分解され、このBCAAがエネルギー源として使われます。さらに、BCAAは運動で傷ついた筋肉を修復する働きを持っているため、BCAAを摂ることで運動後の疲労感を抑えることができるとも言われています。

筋肉を増やすアミノ酸

詳細を読む

筋肉は、運動はもちろん体を引き締めるためにも欠かせません。
しかし、運動をすると筋肉の一部が分解されてエネルギーに変えられてしまいます。
筋肉を増やしたいときは、この筋肉の分解を防ぐ必要があります。

さきほど紹介したすっぽんに含まれるアミノ酸「BCAA」は、筋肉を構成する必須アミノ酸のうち、35%を占める重要な成分です。
運動をした時に筋肉を分解してエネルギーとして使用されるのが、このBCAAです。
そのため、運動時に起こる筋肉の分解を防ぐには、運動前や運動中にBCAAを摂ると効果的です。

運動の約30分前にBCAAを摂ると、血液中のBCAA濃度が高まり、筋肉からではなく血液中にあるBCAAをエネルギーとして使用するようになります。
そうすることで、筋肉の分解を防ぐことができるのです。

また、BCAAには筋肉を修復し強化する働きがあります。
BCAAの中でも、ロイシンは特に筋肉を修復する力が強いと言われています。
筋肉は、運動によりダメージを受け、修復する時にさらに強く大きくなると言われています。
筋肉を増強するためには、運動の前後、そして運動中にロイシンを中心としたBCAAをしっかりと摂るといいでしょう。

すっぽんのアミノ酸で体いきいき!

すっぽんは、さまざまなアミノ酸が豊富に含まれている食材です。
その効果は、「美肌・美髪」「血流改善」「睡眠」「疲労回復」「筋肉増強」など多岐に渡ります。

毎日すっぽんを食べるのは難しいけれど、すっぽんの栄養をぎゅっと凝縮したすっぽんサプリなら、すっぽんに含まれるアミノ酸を気軽に摂ることができます。

毎日にすっぽんのアミノ酸を取り入れて、美しくイキイキとした毎日を目指しましょう。

この記事を読んだ方におすすめ