メインイメージ

すっぽんに含まれるスレオニンの働き

人間の体は、約60~70%が水分、約20%がタンパク質で構成されています。タンパク質は、私たちの肌や髪など体のさまざまな部分を作る、必要不可欠な成分です。このタンパク質を構成するのが、アミノ酸です。

アミノ酸は、非必須アミノ酸と必須アミノ酸という2つの種類に分けることができます。非必須アミノ酸は体の中で作ることができますが、必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食事などから摂取する必要があります。

すっぽんには、この必須アミノ酸が多く含まれています。
今回は、そんなすっぽんに含まれる必須アミノ酸のひとつ「スレオニン」に注目してみましょう。

医薬品としても使われるスレオニン

必須アミノ酸の中で有名なのが、睡眠をサポートするトリプトファンやBCAAと呼ばれるバリン・ロイシン・イソロイシンなどの成分です。
しかし、スレオニンという成分はあまり耳にすることがないのではないでしょうか。

スレオニンは、低タンパク血症のアミノ酸補給のために医薬品として使用されることがある成分です。新陳代謝や成長を促す効果や、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐなどの効果を持っています。英語表記ではthreonineと書き、読み方によっては「トレオニン」と呼ばれることもあります。

すっぽんのスレオニン含有量

スレオニンは、すっぽんをはじめ卵やスキムミルク、ゼラチンなどの食品に多く含まれています。

●スレオニンの含有量(mg/100g)

食品名 含有量(mg/100g)
すっぽんサプリ(粉末) 2200
800
スキムミルク 1400
ゼラチン 1800

すっぽんサプリ(粉末)*1には、100gあたり2200mgのスレオニンが含まれています。これは、ほかのスレオニンを多く含む食品と比べてもかなり多い量です。

スレオニンの1日あたりの推奨摂取量は、体重1kgあたり15mgです。体重が50kgの人だと、1日に750mgのスレオニンが必要になります。

すっぽんサプリ(粉末)を1gを摂ると、220mgのスレオニンを摂ることができます。これは、体重50kgの人の推奨摂取量の約3分の1に当たります。すっぽんサプリ(粉末)だと、たった1gでこれだけ多くのスレオニンを摂ることができるのですね。

*1すっぽんの粉末だけを使用したサプリ

スレオニンで美肌と健康をサポート

すっぽんに含まれるスレオニンには、新陳代謝と成長の促進、脂肪肝の予防、胃炎改善などの効果があります。
次は、そんなスレオニンの効果について詳しく見てみましょう。

新しい細胞を作って成長促進

スレオニンは、摂取したタンパク質を体内で使用するときに必要となる成分です。新しい細胞を作る作用を持ち、新陳代謝や身体の成長を促進します。

スレオニンの美肌効果

天然保湿因子の生成を促す効果

詳細を読む

肌の一番外側には、角質層があります。角質層は、肌を外部の刺激や乾燥から守るバリア機能を持っています。角質層の中で肌のバリア機能と保湿を担っているのは、皮脂膜と細胞間脂質、そして天然保湿因子(NMF)です。スレオニンは、この天然保湿因子に含まれています。

天然保湿因子は角質細胞の中にある成分で、水と結合しやすい性質を持っています。一度結合すると、なかなか水を離しません。そのため、天然保湿因子と結合した水は蒸発しにくくなります。
天然保湿因子は、肌のうるおいを逃さず抱え込む、肌の保湿に欠かせない成分なのです。

天然保湿因子は、スレオニンをはじめグリシンやセリンなどたくさんのアミノ酸で構成されています。スレオニンをはじめとしたアミノ酸は、肌の保湿に欠かせない成分で不足すると肌荒れを起こしやすいと言われています。
肌の乾燥や肌荒れが気になる人は、スレオニンをはじめとしたアミノ酸を積極的にとっていきたいですね。

コラーゲンの生成をサポート

詳細を読む

肌のハリや弾力を担うコラーゲンを構成しているのも、実はアミノ酸です。このうち、コラーゲンの33%を構成するのが、非必須アミノ酸のグリシンです。スレオニンは、このグリシンを作る材料のひとつです。さらに、スレオニン自身もコラーゲンを構成する成分のひとつでもあります。

すっぽんには、良質なコラーゲンがたっぷり含まれています。
コラーゲンは、体内で一旦アミノ酸やペプチドに分解されて、コラーゲンに再合成されます。
このとき、コラーゲンの材料となるスレオニンを一緒に摂ることで、より効率よくコラーゲンを生成して肌のハリとうるおいをサポートすることができるのです。

肝脂肪の蓄積を抑える効果

すっぽんに含まれているスレオニンには、美肌だけでなく健康をサポートする作用もあります。それが、肝脂肪の代謝への効果です。

食事から摂取した脂肪は小腸から吸収されて肝臓で分解され、中性脂肪に変わります。食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足など不規則な生活習慣を続けていると、この中性脂肪がどんどん肝臓にたまってきます。
中性脂肪が肝細胞の30%以上溜まると、脂肪肝という状態になってしまいます。脂肪肝は、狭心症や心筋梗塞などの心疾患の引き金となったり、生活習慣病の温床となるため注意が必要です。

スレオニンには、代謝を促し肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があります。
不摂生による脂肪肝が心配なときは、すっぽんなどスレオニンを含む食材を摂りながら生活習慣を改善していくのがおすすめです。

すっぽんに含まれるスレオニンで美肌と健康をサポート

たっぷりとコラーゲンを含むすっぽんは、美肌をサポートする食材として有名です。
肌の弾力を支えるコラーゲンだけでなく、ビタミンB群やアミノ酸など美肌に欠かせない成分を一緒に摂ることができる食材。それがすっぽんなのです。

そんなすっぽんに含まれる美肌成分のひとつがスレオニンです。
スレオニンは、コラーゲンの材料となりその生成をサポートします。さらに、肌の水分をキープする天然保湿因子の生成も促し、肌にうるおいと弾力を与えてくれます。

すっぽんに含まれるスレオニンは、すっぽんが持つ美肌効果をより一層引き出してくれる肌に嬉しい成分なのです。

この記事を読んだ方におすすめ