メインイメージ

日本と世界におけるすっぽんの歴史

すっぽんはいつから食べられているの?

現在、すっぽんは高級食材の一つとして珍重されていますが、実は昔は庶民の食べ物だったといわれています。それが徐々に人気になり、いつのまにか高価な食材に変わっていたそうです。
滋養強壮や美容に効果的なすっぽんを、気軽に食べることができたなんて当時の庶民の人たちが少しうらやましくなってしまいますね。

食材の価値や食べ方も時代とともに変わっていくものです。そこで、今回は日本と世界におけるすっぽんの歴史について注目してみましょう。

すっぽんの歴史<日本>

歴史上の登場は縄文時代

詳細を読む

日本の歴史の中にすっぽんが現れるのは、縄文時代です。この時代に人々のゴミ捨て場として使用されてきた貝塚から、すっぽんの骨が発見されたことが最初だと言われています。縄文時代は、約1万5000年前~約2300年前の紀元前の時代です。そんなに古くから、すっぽんと日本人は深い関わりをもっていたなんて驚きですよね。

縄文時代に続く弥生時代の遺跡、登呂遺跡でもすっぽんの骨が見つかっています。この頃は、亀の甲羅を使って占いを行っていたため、すっぽんも甲羅を占いに使用するために採ったものではないかと考えられています。ただ、甲羅以外の部分を捨てているとも考えにくく、食材として使用されていた可能性も高いのではないでしょうか。

一般的に食べられるようになった江戸時代

詳細を読む

すっぽんが一般的に食べられるようになったといわれているのは、時代はぐっと進んで江戸時代のことです。大阪では、江戸時代前期からすっぽん料理が食べられています。当時、すっぽんはその丸い甲羅から「まる」と呼ばれ、「まる鍋」という鍋料理にしてよく食べられていたそうです。そのあと、江戸でもすっぽん煮という料理で食べられるようになりました。

現在のすっぽん料理は、すっぽんそのものも丁寧に育てられて臭みが少ないうえ、調理法も発達しているためあまり臭みを感じません。しかし、すっぽんが関東で食べられるようになった頃は、すっぽんの調理法もまだ発達していませんでした。そのため、当時のすっぽん料理は臭みが強く屋台で庶民が気軽に食べるような食材だったようです。

しかし、その後すっぽんの調理法が発達してくると、すっぽん料理は徐々に人気を博し、いつの間にか高級料理になっていったそうです。時代小説「鬼平犯科帳」の中にも、「昔武士が口にするものではないと口酸っぱくいわれていたすっぽんが、すっかり上等になったものだ」といったような内容の会話が出てきます。

明治時代頃に養殖が始まる

詳細を読む

すっぽんの人気が高くなるにつれ、天然のすっぽんの数が足りなくなってきたのでしょう。明治時代頃からは、すっぽんの養殖が盛んにおこなわれるようになっていき、すっぽんはますます人々に親しまれる食材となっていきました。

今私たちがおいしくすっぽんを食べることができるのは、当時の人たちがおいしく食べるために調理法を試行錯誤したこと、そして少なくなっていくすっぽんをなんとか増やそうと、養殖を盛んに行っていったことのおかげかもしれませんね。

すっぽんの歴史<世界>

すっぽんは、日本だけでなく世界でも古くから愛されてきた食材です。古くは、紀元前200年頃、古代中国の戦いの中、最後の決戦前に項羽のために盧美人が、すっぽんと烏骨鶏を使ったスープを作ったとされています。なんとこのメニューは、現在も薬膳料理として残っているそうです。

中国では、すっぽんを漢方薬としても扱っていて、古い薬物書にもすっぽんの頭や甲羅、肉、卵などすっぽんのさまざまな部位が漢方薬として効果的だと記載されています。さらに、世界3大美人といわれるかの楊貴妃もすっぽんを愛用していたといわれています。

こうしてみると、すっぽんは東洋だけで食べられているように見えますが、実はフランス料理のスープにも使用されています。このスープは「トルチェ」と呼ばれ、大変人気なのだそう。ヨーロッパでは、昔からウミガメのスープを食べていたのですが、ウミガメの捕獲が規制されたことから、すっぽんを代用に使用しているのではないかともいわれています。

現在のすっぽん

現在すっぽんは、日本では滋養強壮や美容に効果的な食材として珍重され、高級食材として料亭や専門店などでふるまわれています。もちろん、市場などですっぽんを手に入れて自分で調理することも可能です。最近ではネット通販でも、さばいて下準備した状態のすっぽんとスープを「すっぽん鍋セット」として販売しているため、気軽にすっぽんを楽しむことができるようになってきているのも嬉しいですね。

また、すっぽんは南極観測隊の食事にも採用されているようです。イベント時の特別な食事としてふぐなどと一緒に準備されているようです。極寒の地で体力を消耗するため、すっぽんのアミノ酸や豊富な栄養は観測隊の人々に元気とおいしさをもたらしてくれるのでしょう。

古くから愛されてきたすっぽんをおいしく食べよう!

長い間人々に親しまれてきたすっぽんは、おいしいだけでなくアミノ酸やコラーゲンも豊富に含んでいる、肌や体に嬉しい食材です。現在は、昔に比べどんどん養殖法や調理法も改良されてますますおいしく食べられるようになってきています。おいしくすっぽんを食べて元気とキレイを目指しましょう。
なかなか食べる機会がない......という人は、すっぽんサプリですっぽんの豊富な栄養を毎日に取り入れるのもおすすめですよ。

この記事を読んだ方におすすめ