メインイメージ

すっぽんはなんにでも効く万能薬?

すっぽんは万能薬って本当?

すっぽんが日本で一般的に食べられるようになったのは、江戸時代頃のことだと言われています。この頃から精がつく食べ物として人気を集めていたようで、鍋や煮物にしてよく食べられていたそうです。

すっぽんは現在でも、滋養強壮や美肌を中心にさまざまな効果を期待できることから、食材のほか健康食品としても注目を集めています。

その豊富な栄養素から得られる効果・効能は多岐に渡るため、すっぽんはなんにでも効く万能薬のように感じる人も多いようです。では、実際にすっぽんは万能薬と言えるのでしょうか。

すっぽんは何にでも効く?

すっぽんにはさまざまな効果・効能を期待できますが、本当に何にでも効く万能薬なのでしょうか。

すっぽんは古代中国の頃から貴重なタンパク源として珍重されていました。「項羽と劉邦の戦い」の際には盧美人が戦にたつ項羽のためにすっぽんと烏骨鶏のスープを作ったと言われています。すっぽんと烏骨鶏のエキスが詰まったスープなんて、とても精力がつきそうですよね。このスープは、現在も薬膳料理の一つとしてレシピが残されています。

また、中国に残る最古の薬学書「本草網目」や本草書「神農本草経」には、すっぽんの肉や血液だけでなく、甲羅や卵、頭や胆のうまで滋養強壮に効果的な漢方薬として記されています。

すっぽんの効果・効能として最も有名なのが滋養強壮ですが、現在はその豊富なコラーゲンやアミノ酸から美肌効果を求めてすっぽんを摂る人も多くなっています。さらに、すっぽんにはそのほかにもさまざまな健康効果を期待することができます。

<すっぽんに期待できる効果・効能>
・滋養強壮
・美肌
・美髪
・血流改善・血行促進
・ダイエット
・貧血予防
・筋肉増強
・睡眠改善
・関節痛・ロコモ予防など

こうしてみると、すっぽんは健康から美容、ダイエットまでさまざまな効果・効能を期待できる食材だということがわかります。

すっぽんは栄養をサポートする健康食品

すっぽんの効果・効能を見ると、本当に何にでも効く万能薬のようですよね。しかし、すっぽんは薬ではなくあくまで健康食品です。

<薬と健康食品の違い>
・薬...何らかの病気を治癒したり予防したりするもの
・健康食品...栄養を補助することで体が本来持つ機能をサポートするもの

すっぽんは、さまざまな効果・効能を期待することはできますが、薬のように病気を治癒するものではありません。豊富な栄養で体が本来持っている機能をサポートし健やかで美しい体に導いていくものなのです。

また、全ての病気に効く薬は、人々が夢見る魔法のようなもの。現在、医学の分野でも全ての病気に効く万能薬は発見されていません。すっぽんも、その効果・効能は多岐にわたりますが、何にでも効く万能薬というわけではないのです。

ただし、すっぽんにはアミノ酸やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養が豊富に含まれています。

栄養は、私たちの体を形作り健康に動かすために必要なとても大切なもの。体に必要なさまざまな栄養素をバランスよく摂ることで、健やかで美しい体を保っていくことができます。体を健やかな状態に保っていくことができれば、さまざまな病気を予防することにもつながります。
しかし、しっかりと食事を摂っているつもりでも、栄養バランスが崩れていたり栄養が不足したりするものです。栄養バランスが崩れると、肌トラブルや疲れなどの原因になってしまいます。
すっぽんは、そんな不足しがちな栄養を補ってくれる栄養豊富な食材です。

けして万能薬ではありませんが、すっぽんに含まれているさまざまな栄養は、私たちの健康や美しさをしっかりとサポートしてくれる頼もしい味方なのです。

バランスの良い栄養で輝く毎日に

古来より漢方薬にも用いられているすっぽん。その効果・効能は、滋養強壮や美肌など多岐に渡ります。しかし、すっぽんは栄養豊富な健康食品であり、万能薬ではありません。
すっぽんはその体に閉じ込めたアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養で、体本来の健やかな美しさを引き出してくれる心強い食材なのです。

すっぽんエキスを凝縮したすっぽんサプリなら、すっぽんがもつ豊富な栄養を気軽に毎日摂ることができます。毎日にすっぽんを取り入れることで、いきいき輝く健やかな毎日を手に入れましょう。

この記事を読んだ方におすすめ