メインイメージ

疲れたときにはスッポンがおすすめ

古来中国で漢方薬として用いられてきたすっぽん。滋養強壮にも効果があると言われ、日本でも古くから人々に親しまれてきました。
今回は、そんなすっぽんの疲労回復効果について注目してみましょう。

ビタミンBで疲労回復

すっぽんには、さまざまな成分が含まれています。その中でも注目したいのが、ビタミンB群です。すっぽんには、ビタミンB群が多く含まれています。

仕事や運動をするときには、エネルギーが必要です。エネルギーが不足すると、怠さや疲れを感じてしまいます。
エネルギーは、食事から摂取した糖質や脂質を体内で変換して作られます。この代謝をスムーズにするためには、ビタミンB1やB2のサポートが必要です。
ビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2は脂質の代謝をサポートします。これらの成分が不足すると、スムーズにエネルギーを作れなくなってしまうのです。

すっぽんには、この糖質と脂質の代謝をサポートするビタミンB1とB2が含まれています。
特にビタミンB1の含有量が多く、100gあたり0.91gのビタミンB1を含んでいます。これは、ビタミンB1を含む食品として代表的な豚肉と並ぶ多さです。

また、すっぽんにはビタミンB2の働きをサポートするビタミンB6も含まれています。すっぽんを摂ると、ビタミンB2とB6を同時に摂ることができるため、より効果的に脂質の代謝をサポートすることができるのです。

エネルギーが不足してなんだかだるい。そんなときは、すっぽんに含まれるビタミンB1とB2、そしてB6で糖質と脂質の代謝をサポートし、エネルギー生産を促進するのがおすすめです。

アミノ酸の疲労回復効果

疲れているときにおすすめの成分として挙げられるのは、先程紹介した代謝を促すビタミンB群、そしてアミノ酸です。

すっぽんには、さまざまなアミノ酸が含まれていますが、その中でも疲労に関する効果があると言われているのが、グルタミン酸、ヒスチジン、そしてBCAAと呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸です。

グルタミン酸

すっぽんには、必須アミノ酸のグルタミン酸という成分が含まれています。
グルタミン酸は、疲労物質のひとつであるアンモニアを無毒化し排出する作用を持っています。そのため、体や脳の疲労回復に役立つ成分です。

BCAA

すっぽんには、バリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸が含まれています。この3つのアミノ酸は、まとめてBCAAとよばれています。

BCAAは、筋肉を構成する必須アミノ酸の35%を占める成分です。運動すると、筋肉から分解されてエネルギー源として使われます。そのため、運動を始める前にBCAAを摂取しておくと、筋肉のエネルギー補給となり疲れにくくなります。

また、筋肉の損傷を修復し筋肉痛を抑える効果から、運動後の疲労感を抑えることができるとされています。

そのほか、疲労は体を動かした時だけでなく、脳を使ったときにも起こります。
脳内でトリプトファンをセロトニンに変えるとき、脳はエネルギーを使うため脳疲労が起こります。
BCAAは、脳の中でトリプトファンと同じ関門を通ります。そのため、BCAAを摂ることで、トリプトファンの変換を抑えて脳疲労を抑制することができるのです。

ヒスチジン

ヒスチジンは、必須アミノ酸のひとつです。体内でヒスタミンを合成する成分で、食欲抑制や脂肪燃焼効果があるとされています。

疲労は、運動した時だけでなく長時間デスクワークしたときにも起こります。これは、体ではなく脳が疲労して起こるもので、疲労感のほか集中力の低下を起こします。
あるメーカーの研究によると、ヒスチジンを2週間続けて飲むことで疲労感や集中力を回復する効果が見られたといいます。

ヒスチジンは、受験前や大事な会議を控えているときなど、長時間の勉強や仕事で脳疲労が起こりそうなときに摂っておきたい成分ですね。

ビタミンB群とアミノ酸を同時に摂れるすっぽんで疲労回復

昔から滋養強壮効果があるとされてきたすっぽん。
そんなすっぽんには、疲労回復作用のあるビタミンB群やアミノ酸が豊富に含まれています。
疲れたときや、これからエネルギーがたくさん必要なときには、是非すっぽんやすっぽんサプリを試してみてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめ